エロイプのコツはムード作り!理性を飛ばしてしまえばあとは簡単


夜を向かえて性欲が高まり、一発抜いて寝ようと思うことがありますが、相手にいきなりエロイプをして寝ようと誘っても本気になってくれないと思います。
お相手がいる事によりエッチが出来るのですが、自分がその気でも相手が乗る気になっていない時は興ざめをしてしまうかもしれません。
無理にエロイプに誘い出しても入り込んでいないので気持ちに欠けてしまうのです。
段階を経てエロイプに誘い出す事が大事なのですが、始めは世間話をしてみたり面白い話をしてリラックスさせる事から始めるのが良いです。
その後、徐々に軽い下ネタから始めて行き、その気になるまで待つのも大切なのです。
女性は空想力が高いですし男性よりも気持ちの入れようが大きい為、手でアソコを愛撫するにしても好きな人に触られる事を想像しているのです。
胸を揉む時でも上に乗られて揉まれたり、後ろから抱きしめられながら優しく愛撫をされたり、常に想像の中に男性を描きながら愛撫をされている自分が居るのです。
その辺を意識して女性に空想の世界を広げさせるようにするだけで、最高の快楽を与える事もできるのです。
彼女の反応を見ながら囁く事も大事なのですが、よく濡れているね、と言うだけで彼女の中には見られている光景が一瞬で写り、興奮度が高まってエクスタシーに導いて行けます。
気持ちが高まって一緒にイク事が理想なのですが、大抵の場合は男性の方が先にイッてしまい果ててしまう事が多いと思います。
急に黙り込んでしまい優越感に浸ってしまう事がありますが、彼女がイクまでイヤラシイ言葉を掛けてあげるのが本当の優しさです。
二人だけの秘密の時間ですし、ムードを大切にしながらエロイプをして欲しいと思います。

エロイプの基本は楽しくやり取りすること

どのようなエロイプをやるかは人それぞれ違ってくると思いますが、基本はやっぱり楽しくやり取りすることです。
当然ですが、楽しくなければエロイプをする意味もありませんから、お互いに楽しめるような状況を作り出すことが大事なのです。
そのため、あまり暗い話題はせずに、ネガティブな発言などもしないようにしましょう。
そういったお悩み相談をしたいなら、別のサービスを利用すべきであって、エロイプでそういった話題は控えるべきなのです。
もちろん、自分だけ楽しめればいいわけではありませんし、女性にも楽しんでもらうことが大事ですから、一方的なエロイプをするのもよくありません。
女性のお願いもちゃんと聞いてあげて、お互いに興奮できる状況でエロイプを楽しむようにしましょう。
お互いに満足できるエロイプを続けることによって、どんどん関係の方も深まっていくでしょうし、いずれは出会いに繋がる可能性も十分にあるのです。
そうなれば、今度は現実の方でもセックスをすることが可能ですから、それに向かって取り組んでいくのもいいでしょう。

エロイプならガンガン責めることができます

私は女の子を責めるのが大好きなのですが、実際のセックスになるとどうしても奥手になってしまいます。
リアルだとつい無難な責めをしてしまうことが多く、今ひとつ満足できないことが多いのです。
でもエロイプであれば、女の子をガンガン責めることができるのです。
直接触れるわけではありませんし、音声でのやり取りがメインになりますから、これなら奥手にならずに責められるのです。
なので、いつもエロイプをする際には、できるだけドMな女の子を探すようにしています。
話口調やリアクションなどから、M体質かどうかある程度判断できるので、それで見極めているのです。
実際にエロイプを始めたら、とにかく女の子を言葉責めします。
「もう濡れてるよ」、「ここ舐められると感じるんだ」などと言って、こっちのペースに持っていくのです。
そして終盤になったら、マシンガンのごとくエッチなワードを連発して、女の子を何度もイカしてしまうのです。
リアルでも同じことができればいいのですが、なかなかそうもいかないのが、エッチの難しさでもあるわけです。

1日頑張ったご褒美はエロイプ

今日も1日仕事を頑張ったことで、ご褒美としてちょっと一杯飲みに行く、これが普通のサラリーマンの王道パターンです。
でも私の場合はそうではなく、1日頑張ったご褒美はエロイプをするのです。
可愛い女の子とエッチな会話をしつつ、エロい下着やオナニー姿を見せてもらうのが、私にとっては最高のご褒美なのです。
溜まった精子を一気に放出させて、1日の疲れを吹き飛ばすことで、また明日も頑張ることができるわけです。
風俗とかはお金がかかりますし、AVやアダルトチャットは物足りなさを感じます。
お金もかからず、尚且つそれなりに性欲を満たせる手段として、エロイプは本当に重宝するのです。
巨乳、ロリ、ツンデレ、痴女、ドM、ぽっちゃり、潮吹き、萌えといった、色々なタイプの女の子がいますから、毎日のようにエロイプしても全く飽きることがないのです。
どの時間帯に楽しめるのもメリットの1つなので、仕事が遅くなってしまった時でも、安心して利用することができます。
そして休みの日には、いつもより長くたっぷりとエロイプを楽しむようにしているのです。

エロイプで月に40回は射精しています

エロイプにガッツリとハマるようになってからは、月に40回は射精をするようになりました。
元々性欲は強い方なのですが、エロイプをしてからそれより一層強くなったのです。
主に人妻をメインにエロイプをやっているのですが、とにかく興奮が止まらないこともあって、毎回のように3?4回は射精をするのです。
人妻のオナニーや絶頂する姿を見ると、こちらもそれに合わせてイってしまうわけです。
基本的には週に3回ほどのペースでエロイプをするので、1ヶ月で概ね12回ほど行う計算になります。
もちろん、仕事や女性の都合によっても左右しますが、基本的にはこのペースでエロイプを楽しんでいます。
また、時々リアルでも女性とお会いすることがあり、その際にはセックスの方も行っています。
場合によっては、エロイプでやり取りした翌日に、他の女性から誘われてセックスをするパターンもあるため、性欲を維持するのが少し大変ではあります。
でも、これだけ充実した毎日を過ごせるようになったのは、間違いなくエロイプをやったおかげですし、本当に1日1日を楽しく過ごせています。

控えめな女の子にエロイプで意地悪

今回の彼女はおとなしくて控えめな女の子。
自分からはあまり話さない女の子でしたが、実はもうしたくてうずうずしていたのだとか。
雑談はいいから、早くエッチがしたいと言われているように、乱れていました。
私は小声で彼女にエッチな発現を囁くと、彼女の口からあえぎ声が漏れてきました。
ちゅーってしたらさっきまで無言だった彼女の口からは、大胆な言葉があふれ出してきたのです。
「もっとして・・・ギューってしてほしい・・・ちゅーしたい」
さっきとのギャップがすごく興奮するくらいに、大胆になっていく彼女。
本当にエッチがしたかったんだなと思いました。
言葉攻めで指示をして、おっぱいを触ってみたり、アソコをいじってくれる彼女。
いろいろなアングルでアソコをいじって私に見せてくれます。
そして、ピンポイントに来ると、彼女はいきそうになってしまい、私はその動きを寸止めさせます。
彼女を焦らすと、すごく切ない表情をし、その表情がなんともいえずエロ可愛いんです。
エロ可愛すぎてもっと苛めたくなってしまいます。
何度も彼女を焦らすと、涙をためながら「もう・・・イかせてください・・・!!」
と私に懇願するので、私は彼女を思い切りイかせて上げました。
すごい勢いで絶頂する彼女に私はさらに興奮し、私も思い切り射精したのでした。
私は基本的にSなので、Mっ気のある女の子が大好きです。
今回の彼女みたいな女の子は私にとって、アタリだったように思います。
控えめな彼女ですが、エロイプは毎日の日課なんだとか。

グループ全員が知人の女性とエロイプをしており仲間になる為にがんばりました

スカイプをしていると交流関係が増えて行くのですが、最初は仲よくしていたにも関わらずいつの間にか消えてしまい、気が付くと固定のメンバーで話している事がありました。
男性三人と女性一人の4人で話す事が多かったのですが、性別に関わりなく遠慮なく話し合える間柄になっており、思ったことが素直に言える関係になっていました。
プライベートな事からエロネタまで遠慮なく話していたのですが、彼女も下ネタが大好きな様で過去の男性遍歴を交えながらエッチの数々を暴露してくれたのです。
本番で一発抜いて、その後は手コキの口内発射で2発目をしたと生々しく語り出すので、男性人の興奮度は半端ではありませんでした。
彼女も喜んで聞いてくれる男性人に嬉しさを感じていた様で、様々なエッチな事を言うのですが、面白半分で一人でするのと聞いてみたのです。
もちろんするよと言い出し方法まで暴露を始めました。
疲れていてぐっすり眠りたい時は指で一気にクリちゃんを触ってイク長特急コース。
元気でまったりと快感を味わいたい時は、周りをゆっくり触って楽しむ安らぎコースと楽しく言うのです。
もう、男性人は彼女の話に入り込んでしまいますし、彼女も女王様のような気分になっていました。
話は続き仲間の男性が冗談で、ここでやって皆に聞かせて楽しませろ、と言ったのです。
するとスカイプなんかでやった事ないし全然燃えないからイヤー、と言って笑いだしました。
彼女の性格からエロイプはしないと思っていましたし、どちらかと言うと本番派で実際のエッチが好きだと思っていたのですが、化けの皮が剥がれてしまったのです。
彼女を除いた、いつものメンバーで話していたのですが、仲間の男性が酒を飲んで話しており酔っ払った勢いで暴露を始めたのです。
俺、彼女の裸見たよピンク色の乳首で綺麗だったと話し出し、彼女とエロイプをしたと言い出すのです。
えっ、まさかーと思いましたが本当に二人でやったそうでした。
するともう一人の男も、俺もやったーと言い出しアナルが綺麗だったと楽しそうに語りだしました。
裏切り者ーーと思いましたが知らない所で意外な関係になっており、本能的に私もやりたいと思いました。
その後、彼女と個通で話したのですが、皆がやっているので僕もやりたいなんて言える筈も無いですし、雰囲気的に誘うきっかけも見当たらないのです。
と言うか、そんな事を言える雰囲気にならないですし持って行き様が無いのです。
やりたい、彼女の裸が見たいと思いつつ何度かスカイプをしたのですが、ある日突然、思いがけない展開になりました。
彼女は好きだった彼と付き合っていたのですが別れてしまい落ち込んでいたのです。
聞いている内に彼女が泣き出してしまい話をしながら慰めていたのですが、彼女が心を開いたのか抱いて欲しいと言いだしました。
優しい声を掛けながら囁いていると吐息が聞こえだし感じている声が聞こえてきたのです。
彼女とのエッチが始まったのですがとても色気のある声でしたし、お互いに興奮をして行きました。
その後も何度かエロイプをしたのですが彼女の綺麗な裸も見ましたし、よく知っている間柄でしたので異様な興奮を覚えました。
無理にエロイプに誘うのではなく相手の事を思いやる様に聞いてあげるだけで、自然と相手を求める様になりエッチな関係に発展して行くと思いました。

次のページへ >

更新日:

Copyright© オナ電って激ヤバ!エロイプ生オナ電話エッチのコツとおすすめサイト情報 , 2018 AllRights Reserved.