電話エッチで未経験の絶頂!オナニーは1人より2人が気持ちいい


オナニーは1人でするものという考え方が一般的ですよね。
思春期の頃であれば、友達と一緒にAV鑑賞会を開いて一緒にオナニーをするなんて経験もあるかもしれません。
ですが基本は友達と一緒にするものではありませんし、恋人と一緒に2人でオナニーというのも変な話です。
マンネリ化して相手にオナニーをしてもらい、それを見て興奮してセックスをするという流れはあるかもしれません。
そういうプレイではなければ、2人でオナニーではなく、2人ならセックスをしますよね。
ただ電話エッチはセックスという言葉を使っていますが、結局のところ2人でするオナニーに該当するのではないでしょうか?
そして1人でするオナニーよりも2人でするオナニーの方が興奮しますし、興奮する分気持ちよさも味わう事が出来ます。
それにセックスの代価になりますよね。
セックスをしたいけれど相手がいないという人。
セックスをしたいけれど、忙しくて時間がないという人。
セックスをしたいけれど、お金がなくて無理という人もいるかもしれません。
そんな人にとって電話エッチは、時間もお金もなくても手軽に行う事が出来ます。
しかも相手はネットを利用すれば、電話エッチがしたい人同士が簡単に出会えます。
電話エッチに関しては、相手に対して細かく条件をつける人はいません。
そのため誘えばOKしてくれる可能性が高いので相手探しにも苦労はしません。
最近オナニーに飽きた、オナニーでは興奮しないという人もオナニーは1人ではなく、2人でしてみませんか?

どんな種類・機能がある電話機が電話エッチに有利なんでしょうか?

電話エッチをする場合に絶対必要なものが電話機です。
電話機と言ってもいろいろなタイプがあります。
どんな種類・機能がある電話機が電話エッチに有利なんでしょうか?
片手に持つタイプですと両手が使えません。
プレイをするのも限界があります。

オナニーに集中しすぎてしまうと受話器と離れて声や音が相手に聞こえません。
自分自身も相手の様子がわかりません。
そうなると電話エッチをしている意味がなくなります。

理想的にはヘッドセットがついているタイプのハンズフリーです。
運転中に使えるタイプやヘッドセットがいいですね。
テレフォンセックスを頻繁にするならば、それなりのツールを揃えたいですね。

さらには防水機能があればベター。
愛液がしっかりと聞こえるように距離を近づけることもあります。
精液がかかってしまうとこまりますね。汗もかきます。
できたら防水機能がないと電話が故障します。
普通の受話器を使っていればビニール袋をまく方法もあります。
しかし、その方法では音声や音が聞こえにくいのです。
やはり、防水機能があるほうが便利なのです。

電話エッチとライブチャットの大きな違い

ひと昔以上前にツーショットダイヤルなどを使って女性とテレフォンセックスを楽しむことが流行りました。
しかしツーショットダイヤルはやがて廃れていくと、それに代わって今ではライブチャットが人気を集めています。
ツーショットダイヤルが電話を介し相手の立てる音や声を聴いて興奮するのに対して、ライブチャットではリアルタイムで相手の姿を見ながらやりとりができます。
とはいえライブチャットのほうが必ずしも興奮できるとも限らず、電話エッチのほうがより刺激的で興奮できるケースもあるのです。
例えば女性の場合、ライブチャットでは自分の顔や姿などが相手に晒されてしまいます。
中にはマスクで顔を隠したりして個人が特定されないようにしている人もいますが、どうもカメラが気になって集中できないということも少なくないようです。
さらには、映像に映り込んだ部屋の状況などから個人を特定されてしまいストーカー犯罪に巻き込まれたといったケースも報告されています。
そういったことから女性はライブチャットを積極的に利用することは少なく、相手を簡単に見つけることは容易ではありません。
けれどもライブチャットをしている女性は実際に少なくないのが実情です。
では彼女たちはどんな人物なのかというと、素人ではなくチャットレディとしてサイトでは働く「プロ」です。
つまり、ライブチャットではテレフォンセックスは仕事として行なわれているのです。
したがって、彼女たちの行為のほとんどは男性を興奮させるための演技であって本当の姿ではないというわけです。
男性は女性のあられもない姿に興奮しているかもしれませんが、相手は頭の中で「あ~あ、早く終わってくれないかな」などと考えている可能性は十分にあるのです。
一方電話エッチの場合、女性は本当にエッチがしたくて利用しているので「本物」の興奮を味わうことができます。
この点が、電話エッチとライブチャットの大きな相違点であることを認識しておくべきでしょう。

電話エッチからセフレになる可能性は?

電話エッチとセフレは全くの別物で、電話エッチを希望している女性はリアルで会うつもりない。
そんなふうに言われる事は多いですよね。
しかしこれは、メル友→セフレの展開と同じようなものだと思うのです。
まずメル友になるには警戒心なくなる事が出来ます。
そしてメル友で色々な話をして、その人自身についてよく知る事が出来るので、親しくなれば実際にも会ってみたい。
そう思うのは自然な流れですし、実際に会ってみたらそこからセフレ関係になる事も可能性としてはゼロではありません。
そして電話エッチの場合も、警戒心はなく電話でやり取りする事が出来ます。
そして電話エッチを通じて親しくなり、また気持ちがいいセックスが出来ているのであれば、実際に会ってセックスをしたらどれぐらい気持ちよくなれるんだろう?そんなふうに興味を持つ人だっているでしょう。
特に電話エッチに興味がある時点で、セックスが好きで、恋愛感情を抜きにしてセックスをしても構わない。
そんな非常にセフレ向けの人である事に間違いありません。
電話エッチ相手に、電話じゃなくて今から会ってセックスをしよう、そんなふうに誘えば警戒されるのは当たり前です。
しかし、まずは相手に自分の事をよく知ってもらう事からスタートすれば、少なくとも悪い方向へはいかないはずです。
電話エッチからセフレは、メル友からセフレになるよりも、越えなければいけないハードルも低いので上手くいく可能性も高いと言えます。

電話エッチとリアルなセックス関係は持てるか?

最近ではインターネットを利用すれば電話エッチを見つけるのもそう難しいものではなくなりました。
だから、電話エッチとの関係は1度限りという人も少なくないようです。
ところで、リアルなセックスでは相性が重要視されます。
いくらルックスがいい、スタイルもバツグンで自分好みの相手であっても、いざセックスをしてみると何となくしっくりこない、相性が合わないといった場合もあります。
ただ、何度かセックスの回数を重ねるうちに息があってきたり身体が馴染んだりして徐々にしっくりしてくることもあります。
したがって、最初のセックスで「この人とは合わない」と判断を下してしまうのはもったいないことです。
同様のことが電話エッチでもいえます。
電話エッチというのはリアルなセックスよりも特殊な状況ですから、余計に1度や2度プレイをしただけで相性が合う、合わないの判断をするのは難しいものです。
そんなことを繰り返していると、電話エッチというのはこんなものと思ってしまって、本当に満足できるプレイができなくなってしまう可能性があるのです。
また、毎回違う相手ならば、そのたびに自己紹介からはじめてどんなプレイがしたいのかを訊ね、リラックスさせて…と手順を踏んでいかなければならないのは面倒です。
だからやはり電話エッチも1度きりで終わってしまうよりも長きに亘って関係を持つことをおすすめします。
さらに関係が長引くと情が生まれることも多く、電話エッチというバーチャルな関係だけでなく実際に会ってみようという思いも生まれるかもしれません。
お互いセックスプレイについては熟知しているので、実際に会ってセックスをしたときにもそれが十分反映されるだろうという期待感もあるからです。
電話エッチはあくまでも電話を介してお互いがオナニーをするだけの関係でそれ以上に発展することはないと思われがちです。
けれども、こういった理由によって電話エッチがいつの日にかセフレになり得る可能性も否定できないわけです。

次のページへ >

更新日:

Copyright© オナ電って激ヤバ!エロイプ生オナ電話エッチのコツとおすすめサイト情報 , 2018 AllRights Reserved.