*


普段電話をする時は、会話をするため、相手の声を聞くために電話しますよね。
そのため電話とは声を伝えるツールだと認識している人も多いでしょう。
しかしそれがオナ電になった場合には、声のやり取りは当然しますが、それに音も加えた方が興奮します。
音って何?と思うかもしれません。
例えばキスをするような音、後は性器が濡れて出る音などです。
もちろん自分が今どんな状況かは言葉で表現する事も可能です。
でも「濡れてきた」と言葉で聞くよりも、濡れた水気を含むような音が電話口から聞こえてきた方が生々しいですよね。
そしてその生々しさの方が興奮を煽るというわけです。
そのためオナ電が上手な人は音の使い方も上手だと言えるでしょう。
音をより強調するようにローションを使い人も少なくないでしょう。
ローションを使うメリットは、音を強調するだけでなく、すべりが滑らかになる事で、自分自身で触っていても気持ちがいいという点です。
他にも音を作る事も可能です。
音を作るって何?と思うかもしれません。
実際にオナ電では相手に触る事が出来ないので、フェラをする事も物理的に不可能です。
ですが電話口でフェラをするような音が聞こえてきたら興奮しますよね。
その音を作る方法はいろいろありますが、男性器を形どった一人エッチ用のモノを実際に口に含むとリアルな音になるでしょう。

オナ電で想像力が鍛えられる

オナ電は声と音だけのセックスで何が楽しいの?
見れないし、何よりも触れる事が出来ない。
そんなのセックスとは呼べない。
そんなふうに思っている人もいるかもしれません。
ですがこんな経験をした事がありませんか?
小説を読んでその世界観が凄く面白かったから、映画化された時に見に行ったら全然面白くなかった。
小説はそれぞれ読んだ人の世界観が異なるため、自由に想像する事が出来ます。
対して映画は監督なり、脚本家なりの世界観が可視化されてしまいます。
そのためその価値観が合わないとつまらないと感じるわけです。
つまり自分の想像した世界の方が、実際に可視化された世界よりも面白かったという訳です。
前置きが長くなってしまいましたが、同じ事がオナ電でも言えるわけです。
自分で自由に相手について、コンセプトについて想像する事が出来、やってみたかったセックスを試すチャンスです。
例えば現実の世界で女子高生とセックスをしてしまうと、18歳未満の相手となるので、犯罪行為です。
ですがオナ電で相手に女子高生を演じてもらえば、女子高生とのセックスも可能になると言えるでしょう。
想像だけで気持ちよくなれるの?
そう思うかもしれませんが、オナニーだって想像しながらして、気持ちよくなれますよね。
オナ電は相手がいる分、オナニーよりも確実に気持ちよくなれるはずです。

声の好みは難しい

例えば外見の好みであれば、事前に写メを交換しておけば、どんな外見の人なのかある程度分かります。
しかし、声に関しては好みの声を見つけるのは難しいと言えるでしょう。
声のデータを送り合う事は不可能ではありませんが、そんな面倒な事をするぐらいなら電話をした方が早いですよね。
それに声は「〇〇の声に似ている」と言っても、自分に聞こえる声と他人が聞いている声は違うわけです。
そのため本人がキチンと把握していない状態で、それを正しく情報として伝える事は難易度が高いと言えるでしょう。
ですがオナ電の場合は、電話でのやり取りとなるため容姿は一切関係ありません。
そして重要視されるのが声です。
自分好みの声の相手とオナ電になりたいと思ったら、結局のところ一度電話をしてその声を聞くしか方法がないわけです。
ただ、電話する事自体にほとんどリスクはありません。
そのためオナ電の相手は慎重に選ばずに、とりあえず試しにという感覚で選ぶ人が少なくありません。
とにかくオナ電の人数を増やせばその分経験値もアップして、早く上達しますし、オナ電の人数が増えた分だけ自分の好みの声に出会える確率も高くなると言えます。
そういう意味では好みの声の相手と出会うまでには、時間を費やすかもしれませんが、オナ電の相手を探すのに手間もお金もかからないので負担は少ないとも言えます。

オナ電なら女性の警戒心も緩む

全体的にネットで知り合った相手に対して、女性は警戒心を持っています。
特に出会い系サイトやセフレサイトで知り合う相手に対して、即会い即エッチをするのは、さすがに警戒心がなさすぎですよね。
セックスをする上で抱かれる女性の立場の方がいろいろとリスクがある事も事実です。
そのため安全性を考慮して女性は、相手が信用出来る人かどうか判断してからではないと会いたがりません。
ですがその信用出来るかどうかの判断には、時間がかかってしまうため、男性としては待ちきれなくなってしまうわけです。
ですがセフレであれば警戒心がバリバリの女性であっても、オナ電であれば警戒心が緩みます。
なぜかというと、オナ電の場合は女性のリスクがないからです。
個人情報は一切バレる心配がなく、顔も相手に知られていません。
実際に相手に痴態が見られてる訳ではないので、オナニーシーンの画像が流出するなんて心配はありません。
なのでノーリスクで手軽に気持ちよくなる事が出来るので、オナ電であれば知り合った相手と即エッチという展開にも応じてくれるという訳です。
相手に拘らないのは、相手がどんな相手であってもヤバいとか、この相手では気持ちよくならないと判断すれば、電話を切れば解決するためです。
失敗してもすぐになかった事に出来る。
そんな点もオナ電の警戒心が緩む要因だと言えるでしょう。

オナ電なら年齢詐称にも寛容

例えば出会い系サイトで20代だと言っていた女性が実際に出会ったら30代で10歳もサバを呼んでいた。
この場合は絶対に許す事が出来ませんよね。
しかしオナ電であれば、声が若ければ実年齢が30代でも40代でも十分にOKだと言えるでしょう。
むしろ声が若ければむしろ実年齢は高い方がいいとさえ言えるかもしれません。
なぜかというと、やはりオナ電の場合はある程度セックス経験が豊富な方が楽しむ事が出来るからです。
上手い下手がはっきりと出てしまうので、上手い子とした方が気持ちよくなる事が出来ます。
そうなると20代の女性よりも30代や40代の女性の方が経験豊富なはずです。
さらに言えば、女性は20代よりも30代や40代の方が性欲が強くなると言われています。
オナ電の相手にはエッチな女性の方が嬉しいですよね。
それなら性欲が強い相手がいいと言えるでしょう。
オナ電をする上で大切な事は想像力です。
しかしながら男性はオナニーをする際に、AVやエロ本など、いろいろとオカズがあります。
対して女性はAVやエロ本を見た事がない、またオナニーすらした事がないという子も少なくありません。
想像しようにも、セックスに対する知識が少なければ当然想像力にも限界があります。
そういう意味でもいろいろと経験を積んでいる30代、40代の女性の方が想像力があり、オナ電を楽しむ事が出来ると言えます。

映像ありのエロイプで男性が会話以外の部分で実践すべきこと

広い意味でオナ電というと通話だけのHなことも含まれる場合もありますが、今回は自分の顔や体の映像が相手に見られているという条件下で会話以外ではなにを実践すると相手に喜ばれたり、興奮させることができるかということを紹介していきます。
まず、映像が相手の目に届いた瞬間の格好や構図ですが、構図に関しては自分がより良く見えるための角度を予め計算しておいたり研究しておき、その角度にカメラを設置するとして、問題は格好です。
相手が数え切れないほど何度もオナ電をしている相手ならいきなり裸で全てをさらけ出してということもアリですが、初めての相手やまだ慣れていない相手、慣れた相手であっても衣服を着用した状態から始めることはメリットが多いです。
まず、裸を見せないことで焦らすことができますし、もしも体を鍛えていて良い体をしているなら徐々に脱いで見せていくことで焦らしながら相手の興奮を高めていくことも可能です。
徐々に脱ぐというのは非常に重要です。
せっかく服という道具があるわけですから、まずは胸元をはだけさせて服の中の肉体をちらつかせるとか、上半身だけ裸になってみるなど、全てではなく一部を脱いでいくことで相手の興奮を誘うことができるはずです。
脱ぎ方次第で相手の想像力を掻き立てたり、いやらしさを演出できます。
さらに、体を露わにしたら胸や腹などを自分の手や指でなぞってみたり、少しでもHな雰囲気や視覚的な興奮を誘う触り方を実践しましょう。
最終的にはすべてを見せることになるかもしれませんが、そこの部分もできるだけいやらしく、自分が気持ちよくなるためというよりも相手によりエロく魅せるための手の動きや触り方などを心掛けていくと、相手の興奮は最高潮に達するはずです。
当然ですが、これらの行動をとりながら会話をしたりHな事を進めたり、相手の出方次第で臨機応変に対応していかなければなりませんのでやることは多いですが、今回紹介したことを実践できれば自分はともかく、相手のオナ電の満足度は少しでも高まっていくはずです。

オナ電をする上で有利になる要素3つ

男性からすれば、異性にオナ電に応じてもらうためには様々な努力をしなければならないのが基本です。
相手に好意をもってもらうための努力、仲良くなる努力、通話をしてもらうため、またはカメラ通話をしてもらうための努力も必要な場合もあるでしょう。
もちろん、そんな努力をした気もないのにいつの間にかオナ電する仲になっていたとか、相手の方が積極的でむしろこちらが流されてオナ電をしているということもあるかもしれませんが、その場合はこれから紹介する要素のいずれかを満たしていたり、または複数満たしていることも多いはずです。
オナ電を実現するにはどういう要素が有効なのか、3つ紹介します。
まずは外見です。
顔、肉体、局部などなど、持って生まれた、もしくは鍛え上げて身につけたものは異性に対して有効に働く場合が多いです。
細マッチョな体をもっているなら好きな女性にとってはたまらないものですし、大きな局部を生まれ持っているなら、求めている女性にとっては興奮を引き出すこともできます。
顔は相手の好みに左右されるものなので一概にこういう顔が良いとは言えませんし、正解はありません。
続いて、声です。
これも生まれ持ったものになりますし、相手との相性も絡んでくるので運もあるんですが、相手にとって良い声である場合は興奮を引き出します。
高い声、低い声、その他の声、それぞれに需要があるので、好みだと言ってもらえる女性を探しましょう。
最後にトークスキルです。
この部分は鍛えることも可能ですし、努力次第でどうとでもなる部分なので、向上心をもって、どうすれば異性を興奮させることができるか、上手くオナ電にもっていけるかということを場数を踏んで経験値を稼ぎ、試行錯誤していきましょう。
相手との相性がすべてです、と言ってしまうと身も蓋もないんですが、恋愛でもそうですが、オナ電する上ではそこの部分は特に重要になってしまいます。
誰かに固執するばかりではなく、少しでも出会いを増やしていき、チャットや通話、オナ電の経験を増やし、相性が良い相手を探すことが自分のためでもあり、相手のためにもなるはずです。

次のページへ >

更新日:

Copyright© オナ電って激ヤバ!エロイプ生オナ電話エッチのコツとおすすめサイト情報 , 2018 AllRights Reserved.